2018/03/16

第34回修了式

本日、文化ホールにて修了式を行いました。生徒たちには、この修了式が、中学校生活の締めくくりとなり、義務教育を終えるひとつの区切りとなります。校長先生の式辞では、「感謝の気持ちを持ち、自分の可能性に限界を持たせずに努力を続け、 自分を枠にはめることなく絶えず自己を磨き続けてほしい」という話がありました。卒業生全員は、中学校の3年間の学びを糧に、新たなステージに向けて第一歩を踏み出します。