学校生活

2学期終業式

2016/12/24

22日(木)2学期の終業式が行われました。
 校長先生からは、「世界から日本は、注目されている。日本人としてのアイデンティティーをしっかりと持ち、生きる力として決断力をつけることが重要である。自分が日本人であることを強く意識し、日本人である自覚、日本人であることの誇りを持ち、同時に他の国の文化を受け入れる寛容性がある状態がグローバルな視点を持つということである。
日本人であることを再確認するということは、日本文化を単に深く知ることだけでは得られるものではない。ほかと比較して、何が違うのかを浮き彫りにし、その違いを違う文化の人にわかりやすく説明できるようになるには、異文化比較と異文化理解が必要になってくる。見て感じて、考えて、そして行動を起こすということを、これからの生活に活かしてほしい。」との話がありました。
 

一覧に戻る