泉ケ丘校の紹介

ユネスコスクール

ユネスコスクールとは

ユネスコスクールは、1953年、ASPnet(Associated Schools Project Network)として、ユネスコ憲章に示された理念を学校現場で実践するため、国際理解教育の実験的な試みを比較研究し、その調整をはかる共同体として発足しました。世界181か国で約10,000 校がASPnetに加盟して活動しています。日本国内では、2015年4月現在、913校の幼稚園、小学校・中学校・高等学校及び教員養成系大学がこのネットワークに参加しています。日本では、ASPnetへの加盟が承認された学校を、ユネスコスクールと呼んでいます。ユネスコスクールは、そのグローバルなネットワークを活用し、世界中の学校と交流し、生徒間・教師間で情報や体験を分かち合い 、地球規模の諸問題に若者が対処できるような新しい教育内容や手法の開発、発展をめざしています。

認定された経緯

本校には、国際交流や地域奉仕にかかわるクラブとして、ユネスコ部・インターアクトクラブとボランティア部があります。こうした活動を学校全体に広げるとともに、ユネスコが提唱しているESD(Education for Sustainable Development=持続的発展のための教育)を推進するために、本校は2012年にユネスコスクールの認定を受けました。これからも国際教育・環境教育・世界遺産学習・人権教育・平和学習などに力を入れていきます。