泉ケ丘校の紹介

学校長メッセージ

山のあなたの 空遠く
「幸ひ」住むと 人のいふ
ああ、われひとと 尋めゆきて
涙さしぐみ かへりきぬ
山のあなたに なほ遠く
「幸ひ」住むと 人のいふ

カール・ブッセの原文に上田敏が訳したとされる「山のあなた」。あまりにも有名で、またとても親しみ深い詩だと思います。本校の校歌にもあります「あこがれは 遠く高く」と、この詩の意味するところがどこか通じるように思い、ご紹介しました。

さて、世の中は以前にも増して激しい勢いで変化しています。情報通信技術の進歩は、留まるところを知りません。それに伴い、私たちの生活様式も変化してきています。多くの情報が、簡単に手に出来、また商取引も大変便利になりました。世界がどんどん身近なものとなり、多くの情報を瞬時に知ることができる世界に変わりつつあります。

こうした簡便さの陰で、人としての大切な精神性が見失われはしないか。経済合理性の「正義」が、我々の精神性を蝕んではいないか。簡便な世の中であるがゆえ、そこで置き去りにされがちな、人としての規範意識、善悪の判断、思いやりといった精神性がより重要になってくる。そして、それを育むことが、学校教育、地域社会、ご家庭の重要な使命ではないかと感じるのです。

冒頭にお示ししました「山のあなた」にもあるように、人の生きる目的は「幸せを求めること」にあると思います。その自らの幸せを求める上で、人として何をすべきなのか、何をしてはならないのか。簡便さの陰に見失われがちな、古くから大切にされている価値観を、「あこがれ」という「幸せ」に近づこうとする学校生活の中で、子どもたちと共に学び続ける集団でありたい。

それが、帝塚山学院泉ヶ丘中学校高等学校の願いです。