ことばの贈り物
─ 校長通信 ─

2018/09/15

泉ヶ丘祭2日目。高校1年、2年のクラス展示や模擬店に先立ち、朝一番、体育館で昨日の舞台結果の発表。1年2組、2年5組が優秀賞を獲得。今年の最優秀賞は、2年2組が手中に収めた。結果発表の後に以下のようなコメントをした。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
昨日は最初から最後まで高校生のすべての舞台を見せてもらった。休憩をはさんで、2年生の発表に移った瞬間、ギアが1段階上がったと感じた。これは経験の差が大きい。2年生は昨年1年生だった時に、今の3年生の舞台を見ていた。これではダメだ、しっかり取り組もう!そんな意識がどのクラスにもみなぎっていた。この経験の差こそが、成長の証である。

1年生は、来年2年生になって今回の悔しさを再び舞台にぶつけてほしい。今回の舞台で決め手となった点は、作品のメッセージ性やストーリー性といったもの。また全体のまとまりや裏方との連携といった部分も審査のポイントとしては大きかったように思う。2組はその辺りがかなり緻密だったという印象を受けた。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 
さて、中学1・2年生の「合唱コンクール」も無事終了。1年生は初参加にも関わらず、かなりのレベルで仕上がっていた。2年生も課題曲、自由曲とも各クラスで練習した成果が発揮された。3年生はダンスパフォーマンスが中心だったが、ダンスが苦手な仲間との連携とクラス全体のまとまりが大きなポイントだった。
 
いずれにせよ、大きな感動を得られた「泉ヶ丘祭」であったことに、間違いない。時間の関係で、全ての現場を周ることができなかったことを申し訳なく思う。生徒の皆さん、感動をありがとう!そして、朝からお越し下さったたくさんの保護者の皆様に、改めて感謝申し上げたい。

一覧に戻る