ことばの贈り物
─ 校長通信 ─

2018/09/08

雨が降っている。地震で地盤が緩んでいる北海道の様子が気がかり。本来なら農作物に恵みをもたらすはずなのだが、いつもそうとは限らない。自然と折り合いをつけることは、なかなか難しい。
 
さて、本校では来週の「泉ヶ丘祭」に向けて、急ピッチで各クラスやクラブの出し物の準備が進んでいる。中学1・2年生は、昨年に引き続き「合唱コンクール」が開催される。放課後の時間を使っての練習が、教室で始まっている。
 
生徒たちの歌声が聞こえてくる。得も言えぬ喜びが込み上げてくるのは僕だけではあるまい。思春期ど真ん中の中学生にとって、照れやはにかみがある中、これからどうクラスをまとめ上げるか。男子!ちゃんと大きな口を開けて歌うんだぞ!
 
さて、本日は放課後に中学1年生の保護者懇談会が開催された。担任を囲んで、保護者と意見交換する大切なひと時。僕も会場に足を運ぼうと扉を開いたのだが、その熱気たるや凄いもの。本校の教育に対する期待の表れと感じて、そのまま扉を閉じてしまった。ゴメンなさい。

一覧に戻る